このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険とは

自動車保険は主に交通事故などによって発生する損害賠償を保障してくれる保険のことで、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。
自動車保険に加入していないと交通事故によって怪我をおわせてしまった場合、治療代や車の修理代などを全額自腹で支払わなければいけません。
大きな事故を起こしてしまい、相手に重い後遺症が残ったり、死亡させてしまったりすると億単位の賠償金が発生することもあります。
自動車保険に加入していれば、自分の怪我の治療費や車の修理代などを契約した保険内容の上限金額を限度に保険会社に支払ってもらうことができます。
自賠責保険は強制保険とも呼ばれており、バイクを含む全ての自動車や原動付自転車を運転する場合、必ず加入をしなければいけない保険です。
これは、自動車損害賠償保障法という法律で決められているため、自賠責保険に入っていなかったり、有効期限が切れていたりする場合は「1年以下の懲役、又は50万円以下の罰金」という厳しい罰則があります。
それに加えて、違反点数が6点のため一発で免許停止処分になってしまいます。
加入していても自賠責保険証明書を携帯していないと30万円の罰金を支払わなければいけません。
自賠責保険で支払われる保険金の最高限度額は、1事故・1名につき死亡が3000万円、傷害が120万円、後遺障害が残った場合は程度によって75万円〜4000万円と決まっています。
また、交通事故で他人に怪我を負わせてしまったり、死亡させてしまった場合の人身事故の対人賠償に限られています。
任意保険は加入するかどうかはそれぞれ自由決めることができます。
しかし、実際は自賠責保険だけでは被害者への賠償金額が十分でないことが多く、任意保険も加入する人がほとんどです。
また、自賠責保険では補償されない物の修理代は自身の怪我の補償も可能です。
任意保険は内容によって3種類に分けられています。
対人・対物賠償保険が当てはまる賠償責任保険、自身や同乗者に対する保険の傷害保険は搭乗者傷害・自損事故・無保険者障害・人身傷害補償の4つが当てはまり、車両保険は自身の車に対する保険です。
この全てに加入をしなければいけないわけではなく、それぞれに必要なものを選択して加入をします。
また、保険会社により、契約内容や価格が異なってきます。

Copyright (C)2016何を基準に選んでますか?自動車保険.All rights reserved.